沖縄名護市 羽地の駅やんばるたまご 公式ブログ

羽地の駅 公式ブログ

親川グシク

□ UPDATE:2015.11.26


親川グシクは羽地グシクとも呼ばれ、羽地按司の築いたものだと地元では言い伝えられています。

このグシクは、有名な水田地帯であった羽地ターブックァの東側、親川部落の北東丘陵上に立地しま

す。ここは現在でこそ村はずれのサトウキビ畑地帯ですが、近世の間切時代には、すぐ南に羽地間切

の番所が造られ、明治になると羽地小学校も建築され、羽地間切の中心地であったことをうかがわせ

ます。標高50mの丘陵頂部を囲むように築かれた石垣は、後に持ち出され、現在完全に残存してい

る部分はありません。しかし、この石垣によって囲まれる連続した3ヶ所の広場があることが推定さ

れ、この中や石垣の周辺から土器や中国製の磁器が採取されています。これらの事実により、このグ

シクが多くの人々の労働力の結果成立し、グシクに関係していた人々が直接にしろ、間接にしろ中国

(明)と交易していた事がわかります。さらに築かれたのも14世紀頃(約600年前)と思われま

す。一見「荒城」にしかみえない親川グシクも、羽地のみならず名護市全体の歴史を解明するための重

要な遺跡です。         

                ~ 名護市教育委員会編集「名護市の文化財と史跡」より引用 ~

親川グシク

 

 

ブログカテゴリー

CONTENT

▲ページトップへ